コラム COLUMN

経営判断に知財情報を活用しませんか?

更新日 : 2021.04.09

特許庁がIPランドスケープに関するウェビナー(無料)を公開します。

特許庁によれば、以下の通り、IPランドスケープに関するウェビナー(無料)を4月12日からYouTube等で期間限定で公開することになりました。

_____________________________________________________
(以下特許庁のHPより)
日本企業を取り巻く競争環境が厳しさを増す中、経営層は、迅速・的確に経営判断を行う必要があります。
迅速・的確な経営判断には、客観的な裏付けが必要であり、公開情報たる知財情報は経営判断に有益な情報の一つであることから、経営判断に資する知財情報の活用(IPランドスケープ)が注目されています。
そこで、特許庁では、IPランドスケープを活用した経営の普及・定着に貢献することを目的として、IPランドスケープに関するウェビナー「IPランドスケープの活用に向けて」(無料)を4月12日から期間限定で公開することとしました。
公開概要
【日時】令和3年4月12日(月曜日)10時00分~令和3年4月30日(金曜日)16時00分
【開催形式】ウェビナー(※YouTube配信)
【主催】特許庁
【対象】経営者、事業責任者、IPランドスケープの担当者及び関心がある方等
【費用】無料

YouTube動画とPDFは4月12日10時00分~4月30日16時00分の期間のみ公開されます。
_____________________________________________________

 

IPランドスケープとは、知財分析手法を活かした知財重視の経営戦略のことです。もっと大まかに言えば、知財情報を経営に活かすことで「知財と経営を橋渡しする」ことです。本コラムでもIPランドスケープについて、いくつかの記事を紹介してきました。例えば「攻めの知財」のためのIPランドスケープでは、企業の知財部長様の言葉に言及しましたが、今回のウェビナーではその知財部長様を交えたパネルディスカッションもありますので、興味のある方はご視聴をお勧めします。